トップページ

交通事故専門の弁護士さんに頼ろう

車の利用率が増えることに比例して増えているのが交通事故であり、交通事故は車の異常によって避けることのできない事例もあるのですが大半は運転者の過失によって引き起こされていることが多いです。その運転者の過失によって引き起こされた時に、そこに物損もしくは人身に危害が及んだ場合には当然ながら賠償金を支払うことは当然の流れといえます。
しかし賠償金を支払ってもらうことが危害を加えた側にとって当然の権利であるはずが、その権利を一方的に破棄し踏み倒しをする人もいます。

それは事故を起こした時には反省をするが時間がたつと冷静になり事故を起こしたことを忘れる作用が働くのと、その時に警察に伝えていないで解散すると証明書が無いとわかるので雲隠れすることのメリットが上回ってしまうことで起きます。

それでは交通事故を起こされた側にとっては不利益が大きいので、そこで依頼するのが弁護士です。

弁護士に依頼することによって後になっても警察とリンクして下位会社の発見と証拠の海の発見込みで活動し、そのうえで弁護士が依頼すれば加害者に拒否権は無いので民事裁判にかけて賠償金をしっかりと請求することができます。